中小企業のバランス・スコアカード(BSC)

バランス・スコアカード(BSC) | 経営管理の手法を学び実践しましょう

 バランス・スコアカード(BSC)というものをご存知でしょうか。もとは、ロバート・S・キャプランとデビッド・ノートンが1992年に「Harvard Business Review」誌上に発表した業績評価システムなのです。この概念の発表により、これまで、財務指標に偏った業績管理の手法に「バランス」という考え方を導入し、それまでの欠点を克服したのです。

【バランスとは何か】
ここでいうバランスとは何か?それにはおおよそ2つの意味が考えられます。
一つ目は、「目標視点のバランス」です。バランス・スコアカードでは、業績を財務の指標のみではなく、顧客の視点、業務プロセスの視点、学習と成長の視点という風に4つの視点をもって管理します。財務に偏った視点から、事業に関連するそれぞれ視点でのバランスを図る考え方になっているのです。
もう一つが、「短期」と「長期(中期)」での時間のバランスという考え方です。財務指標に偏った目標であると、どうしても短期に偏った指標にと行動計画になってしまいます。しかしながら、企業の活動は永続することが求められるものです。短期だけではなく長期的な視点での目標設定も必要なのです。その長期・短期の目標のバランスを取るという考え方もあるのです。

【スコアカードとは何か】
では、スコアカードとはなんなのか?これは難しいものではなく、目標とする「重要成功要因」とその「成果指標」を一覧にして、管理できるようにしたものです。できたものを外から見ると、単純に1枚の表であり、目標一覧表ともいえるような代物です。これだけを見ると、何がありがたいのかがよくわからないかもしれません。しかしこの表には、前述した「バランス」した目標が込められています。そして経営全体を通じた目標や現状を一枚の表で俯瞰できる状態になっているのです。

バランススコアカードのイメージ
(バランス・スコアカードの例。4つの視点で目標を管理する)

なぜ、一枚の表で、経営全体を俯瞰できるのか?それはバランス・スコアカードを作る過程で、経営戦略と経営指標(業績指標)に明確な関連性を持たせて作られた表であるからです。これはバランス・スコアカードを作る過程も含めた理解と浸透を通じて実現される事なのです。

大切なことは、バランス・スコアカードのスコアカードは決して難しいものではないという事です。この1枚の表はフォーマットもシンプルです。企業の目標設定のプロセスにバランス・スコアカードの「概念」を取り入れることで中小企業にも導入できるものです。むしろ企業規模の小さい中小企業の方がバランス・スコアカードを導入しやすいかもしれません。

【4つの視点とは何か】
では、バランス・スコアカードの4つの視点がどのようなものか概観してみましょう。
1.財務の視点
言わずと知れた、財務的な指標での目標です。バランス・スコアカードにおいて、財務の指標に偏らずに
バランスを取った業績管理を目指します。しかし、財務的目標を軽視しているわけではなく、重要な目標
であることには変わりはありません。財務の目標は最終的な結果指標として成果が表れるのです。

2.顧客の視点
事業においては、顧客に対するアプローチやビジネス成果によって、財務指標が達成されることになります。
バランススコアカードでは、顧客に対して、どのように行動を行うのか、どのような改善を行うのかという視点を持っています。

3.業務プロセスの視点
目標を達成するために、自社の業務プロセスのどこを強化するのか、どこを改善するのかという目標を
管理するための視点です。

4.学習と成長の視点
事業プロセスを推進する「組織」と「人材」に目を向けて目標を管理します。

4つの視点は、企業におけるビジネスの全般をうまくカバーしていると感じないでしょうか?自社のビジネスを4つの視点でバランスよく管理することにより、「経営全体を通じた目標や現状を一枚の表で俯瞰できる状態」を作ることができるのです。

【4つの視点の因果関係とストーリー】
そして、この因果関係とストーリーというのがバランス・スコアカードの肝になります。4つの視点は確かに企業の活動全般を見る際に非常にバランスのとれたものではあります。しかし、目標設定の際に、その4つの目標をばらばらに設定した場合はどのようになるでしょうか。もしそうすれば、バランス・スコアカードは従来の目標設定方法となんら変わらないものになってしまうでしょう。バランス・スコアカードでは、事業戦略とのかかわりの中で4つの目標の中にある因果関係を明確にし、仮説を立てることを求めます。
簡単にいうと、バランス・スコアカードの4つの視点には関連があり、一続きのストーリーになっているはずであるという事です。「財務指標を達成するためには、顧客に対して○○というアプローチを実施し、その顧客対策のために、業務プロセスの●●を改善する。そしてその業務プロセスと顧客への営業の改善を成功させるために、社員の情報共有や教育の●○を改善する」といった一連の流れができるはずなのです。そのストーリーをもとに、スコアカードを作成するからこそ、最終的に「経営全体の目標を現状を一枚の表で俯瞰」できるのです。

【バランス・スコアカードの作成と経営の実践】
駆け足にバランス・スコアカードのエッセンスを説明しましたが、経営計画の策定やその管理において、バランス・スコアカードの概念を取り入れることは非常に有効でしょう。そして、このような手法は組織が小さい中小企業や零細企業の方が取り組みがしやすいのです。なぜなら「考え方」や「概念」の浸透は社員の人数が少ない中小規模の組織の方が行いやすいからです。また規模が小さい場合、事業の構造も比較的シンプルである可能性があり、4つの視点での管理が行いやすいと考えられます。中小企業にこそ目を向けてほしい考え方ではあります。
またバランス・スコアカードによる管理は予算管理や業績管理といった管理と関連付けて取り組むことも重要です。人材の育成や評価システムとバランス・スコアカードによる管理は相性も比較的良いでしょう。
戦略を実現するための管理手法として、バランス・スコアカードの導入を検討しましょう。また経営計画を立て、その計画の管理を行う文化がまだない中小企業の経営者様にとっては、バランス・スコアカードという手法をきっかけに経営計画を継続的に立てるという文化を作り上げていきませんか。

CONSULTING OFFICE 3Sでは経営計画の策定やご相談を承ります。創業・起業を目指す方にとっても、経営計画は事業の成功に必要となる取り組みです。是非ご検討ください。

中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・経営戦略策定のページ中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・無料経営診断のお申込みフォーム遠方の中小企業の経営課題もWEBのビデオ通話を活用して相談承ります経営戦略策定と実行をまずは自社でやってみたい経営者様には、無料の小冊子を進呈いたします自社の現状を確認したい経営者様はまずは経営の自己診断をしてみましょう CONSULTING OFFICE 3S お電話でのお問い合わせ