起業・開業の成功のための準備1(ヒト)

事業の成功に欠かせない経営資源 - 人脈、見込み顧客

起業・開業を成功させるには、経営資源が欠かせません。経営資源を潤沢に準備できれば、開業後の成功率は確実に上がります。

開業後もこの経営資源を大きくしていくことで事業の安定度は上がります。

 

経営資源とは、事業に必要な「人・モノ・金・情報・時間」という5つに分類できるものです。

 

経営資源の1つ目として「人」から述べたいと思います。

 

「人」にはいくつかの側面があります。

  1. 経営者自身、社員など、会社、店舗内の人間
  2. 仕入先、パートナー
  3. 顧客

です。

これらの3つの人を人脈としてどれだけ準備できるのかということです。

 

1.社内における「人材」としての経営資源

経営者自身の経歴やスキル、社員の専門性や人間性など経営主体を構成する「ヒト」の力ですね。

これから事業を行ううえで、どのような専門性や方向性で仕事をしていくのか。

そのために必要なスキルや社員がどれだけ揃えられるのか。

といったことを検討し、足りない部分を補っていく必要があります。

 

2.仕入先やビジネスパートナー

製品や部品・材料の仕入れ先や、ビジネスパートナーの開拓も重要なポイントです。

自社のみで準備できないスキルや品質を実現するためのパートナーとしての存在をどれだけ揃えられるのか、価格的に強みとなりうるサプライヤを開拓できるかなど経営の課題に応じて協力してくれる人脈は非常に重要ですね。

 

3.経営の成功を左右する「見込み客」

事業の成功に絶対必要なもの。それは「顧客」であります。

創業するに当たり、どれだけの「見込み客」を見つけられるのか。そして開業後にどれだけの「顧客」を獲得できるのかは極めて重要なのは当然ですね。

 

事業を開始前に、地域にどれくらいの見込み客が存在するのか。

開始後にどれだけのアプローチをどれだけ行えるのか。

そういった計画も必要になります。

新規で実績のない商品やサービスについては、できうる限り開業前に使ってくれそうな見込み客を確保しておくことで成功可能性が上がります。

また資金調達においても見込み客のあるなしは非常に重要であります。

 

開業後も続く「ヒト」との出会い

既に起業・創業を行った後であっても新たな人脈の創造は必要です。
自身の人脈の棚卸をするとともに、見込み客の洗い出しやアプローチ、自社の強みを補完するパートナーの開拓、自社の人材の教育やスキルアップなど課題は多いですね。
いかに人脈や人材の強みを出していけるか。それを開業前にどれだけ準備できるのか検討してみましょう。


 

開業・創業の相談いつでもご連絡ください

起業・開業は準備段階で成功率を上げていくことが極めて重要です。

もしすでに開業したという状況であっても、できるだけ短期間に黒字化していくことが求められます。

起業・開業についての経営相談は気軽にご連絡ください。

 

起業・開業・創業相談のページはこちらです

起業・開業・創業相談お問い合わせはこちらです


	
中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・経営戦略策定のページ中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・無料経営診断のお申込みフォーム遠方の中小企業の経営課題もWEBのビデオ通話を活用して相談承ります経営戦略策定と実行をまずは自社でやってみたい経営者様には、無料の小冊子を進呈いたします自社の現状を確認したい経営者様はまずは経営の自己診断をしてみましょう CONSULTING OFFICE 3S お電話でのお問い合わせ