中小企業が資金繰りの悪循環から抜け出す視点

資金繰りはどうして悪くなるのかを理解する

金融円滑化法が間もなく終了することになり、中小企業の経営への影響が懸念されています。リスケや借り換えができなければ、中小企業の資金繰りには大きなインパクトがあるわけで、資金繰りの改善の視点からも対策が求められます。

資金繰りについては、当コラムでも何度か記事にしておりましたが、資金繰りの悪化がどのようにして起こるのかということを改めて考えて見ましょう。

資金繰りの良い経営とは、「資金の流入 > 資金の流出」の状況をつくりだせることであります。

単純にいうと、この状況の逆を引き起こす事象が資金繰りの悪化を招く要因となるわけです。

資金繰りにとってマイナス要因となる事象は、

 

  • 業績悪化による現金収入の低下
  • 売上金回収までの期間が長い
  • 借入金が多すぎる
  • コスト過多の収益構造
  • 資金以外の資産が多く、財務構造が硬直化している

 

などが考えられます。資金繰りにプラスとなることは上記の逆を考えればわかりやすいでしょう。つまり、

 

  • 業績が安定的に推移・向上している
  • 売上金の回収がしっかりできており、期間も短め
  • 借入金の水準が適正に管理されており、金利負担も無理がない
  • コスト削減に取り組んでおり、収益構造が良い
  • 資産の硬直化がなく、財務構造として当座資産の比率が高い

 

状態と言えます。

 

資金繰りの悪化は、資金繰りにマイナスの取り組みが続けられたことにより引き起こされるものであります。そして資金繰りにとってマイナスの要因が単独で経営に影響を与えるというのではなく複合的に起こるのです。

以下のような出来事は中小企業の経営で十分に考えられることです。

 

  • 業績悪化し収入が減少
  • 収入は減少してもコスト構造があまり変わらず赤字化し、資金繰りが悪化する
  • 資金繰りを賄うために追加融資を受ける
  • 追加融資を返済資金として使ってしまい、財務構造が悪化する
  • 財務構造が悪化した中で有効な対策を打てずにさらに収益構造が悪化する
  • 在庫などが不良在庫化しさらに業績が悪化する。
  • 追加融資を受けようとするが、銀行から断られる

 

という状況が起こる可能性が存在するのです。これまでは、金融円滑化法によりリスケもしやすかったわけですが、これからはそれも厳しくなる可能性が出てきています。

 

 

資金繰り悪化の悪循環を断ち切る

前述した資金繰り悪化の流れは最終的に、業績悪化と借入金の積み増ましの誘惑が繰り返し出てくる悪循環に陥っていることに注目してください。資金繰り悪化はこのような負のスパイラルが起こることで経営に大きな影響を生み出します。

逆にいうと、資金繰り悪化を食い止める方法は、この悪循環を断ち切るしか方法はないのです。

そのためにできることを決めて、行動することが経営改善の行動であるのです。

 

では、資金繰り悪化の悪循環を断ち切るために何ができるでしょうか?

 

  • 徹底的なコスト削減を実施し、収益が下がっても会社に現金が残るようにする
  • 在庫管理の徹底など、資産の固定化を防ぐ
  • 過大な資産を持つ意思決定をできるだけ避ける
    (売上につながらない資産はできるだけ持たない)
  • 戦略・営業の見える化で収益構造を改善する
  • 過大な借り入れを避け、財務構造をコントロールする

 

といった取り組みが必要です。

 

短期的・突発的な資金需要について追加融資を求めることは確かにあるかもしれませんが、それでもコスト削減の徹底や営業強化などの取り組みを行った上で、融資を受けないと悪循環に簡単に陥ってしまうことは肝に銘じておく必要があります。

 

また、損益計算書が赤字かどうかだけで見るのではなく、資金繰り・キャッシュフロー的にプラスになるかどうかを意識することが非常に重要です。損益計算書で赤字になると融資に不利になることがあるかもしれませんが、それを理由に損益計算書上の黒字を求めてキャッシュフローが結果として悪化してしまっては意味がありませんね。

 

金融円滑化法後の資金繰り対策は中小企業にとって大きな課題の一つです。

経営相談や戦略の見える化でご支援もしておりますので、いつでもご相談ください。

WEB経営相談や、小冊子も是非ご活用ください。

 

中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・経営戦略策定のページ中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・無料経営診断のお申込みフォーム遠方の中小企業の経営課題もWEBのビデオ通話を活用して相談承ります経営戦略策定と実行をまずは自社でやってみたい経営者様には、無料の小冊子を進呈いたします自社の現状を確認したい経営者様はまずは経営の自己診断をしてみましょう CONSULTING OFFICE 3S お電話でのお問い合わせ