資金繰り表とキャッシュフロー計算書の違いを理解し、中小企業経営に活かす

お金の動きの情報を経営に活かそう

中小企業・零細企業は経営資源が乏しく、手元資金にも余裕がない場合が多いため、資金の出入りの管理は非常に重要です。資金の管理には資金繰り表が使われるのですが、よく似たものに、キャッシュフロー計算書があります。

キャッシュフロー計算書は財務諸表の一つであり、上場企業では作成が義務付けられていますが、中小企業ではあまり作成されていないのが現状です。

会計期間の中で損益計算書で表される利益と現金の動きは一致しないため、キャッシュフロー計算書で現預金の動きを把握するのはとても大切であります。

 

キャッシュフロー計算書と資金繰り表は資金の動きを把握するという意味で非常に似ています。というか、現預金の金額は一致するはずであり、なぜこのように似たものが存在しているのか?というのはちょっとした疑問としてあるかもしれません。

 

簡単にいうと、キャッシュフロー計算書はある会計期間における事業の中で発生した現預金の動きを表したものであり、事業の「結果」としての情報の意味合いが強い物であります。

翻って資金繰り表は、足元の資金の動きを把握する(資金繰り実績)とともに、近い将来の資金の動きを見て資金ショートが発生するかしないかを把握する(金繰り予定表)ためのものであり、役割が少し異なります。

そのような違いも意識しつつ、資金の動きを常に把握して、資金繰りが苦しい状態を抜け出していく必要があります。

 

似たようなものを2つも理解するのは大変だと考えられるかもしれません。しかし資金繰り表は形式は自由であるため、キャッシュフロー計算書の形式に似た形にすることで、それぞれの表の持つ意味を理解しやすくなります。(キャッシュフロー計算書の作り方などはまた別途記事にいたします)。

 

キャッシュフロー計算書の基本構造

キャッシュフロー計算書の構造(間接法)

上図はキャッシュフロー計算書の基本的な構造を表したものです。

キャッシュフロー計算書の作り方には直説法と間接法の2種類あり、上記は間接法のイメージになります。間接法は癖があるのですが、作り方を理解できれば簡単であるため、間接法を中心にして説明していきます。とはいえ、直説法も間接法も構造自体はほぼ同じであるため、ここでは細かな点は気にしなくても大丈夫です。

 

キャッシュフロー計算書の構造で頭に入れておきたいことは、資金の動きを3つの区分に分けて管理していることです。

すなわち、

  • 営業活動
  • 投資活動
  • 財務活動

の3つです。

営業活動は会社の本業で得られたお金を表します。大切な部分であり、ここを何としてもプラスにもっていかないといけません。

投資活動は事業で得られた資金を固定資産の取得などで使うお金であります。将来における収益のための投資と位置付けられ、マイナスだから悪いということではありません。

財務活動については金融機関から借り入れをすれば、会社にとっては資金がプラスになりますし、借入金を返済すれば減るというイメージです。

 

いかがでしょうか?構造自体はとても単純ですね。

まず最初は、キャッシュフロー計算書の3つの区分の合計値の大まかな意味を理解していただくことから始めましょう。

 

資金繰りという側面から見ると、営業活動によるキャッシュフローの増加策を行い、借り入れ方の場合は、投資を抑えて、返済に回せるようになるということが基本パターンになります。

 

資金の動きを区分けして理解することで自社が今後どうするべきなのかということが浮かび上がってきます。

その点を考えてもこのような表を作る意味がありますね。

 

資金繰り表もキャッシュフロー計算書に近い構造で作ってみましょう

ここで資金繰り表に戻ります。

資金繰り表は基本的に形式は自由なのですが、キャッシュフロー計算書と同様に営業、投資、財務の区分に分けて資金の出入りを管理すれば、それぞれの表の意味も理解しやすくなりおすすめです。

基本構造を同じにすることで、合計値も一致しますので、作る際にもわかりやすいでしょう。

 

細かな作り方や見方などは今後紹介できればと思いますが、大きな枠組みや意味合いをイメージできるようになってください。

 

資金繰りの課題や相談なども随時受け付けておりますので気軽にご相談くださいね。

中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・経営戦略策定のページ中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・無料経営診断のお申込みフォーム遠方の中小企業の経営課題もWEBのビデオ通話を活用して相談承ります経営戦略策定と実行をまずは自社でやってみたい経営者様には、無料の小冊子を進呈いたします自社の現状を確認したい経営者様はまずは経営の自己診断をしてみましょう CONSULTING OFFICE 3S お電話でのお問い合わせ