変化に適応する自社の強みが何か?

「3Dプリンター」のような経営環境の変化

最近3Dプリンターという技術が盛んにニュースなどで報じられています。3Dプリンターの低価格化が進むことでだれもがメーカになれるというわけです。この表現が大げさなものであるとしても、現在の最高レベルの3Dプリンターンの精度や今後期待される技術の進化を考えると、ビジネス面でも大きな期待が生まれるのも事実ですね。

3Dプリンターがニュースで騒がれているような表現通り、「誰でもメーカー」というものを実現できるかというと疑問もありますが、大きな可能性があるのは事実であります。そしてそのような大きな変化は現行の技術で仕事をしている会社にとって、大きな変化が起こることを意味していますね。

 

3Dプリンターによる造形や試作品製造などが低価格でできるようになれば、伝統的な方法で事業を進めていた会社はどうするのかということを考えねばなりません。変化の大小は別として、このような変化はどのような業種においても起こるものであります。

例えば、コンビニエンスストアやドラッグストアの躍進による従来の小売業の変化や、ネット通販に浸透による従来の通販や小売業の環境の変化も同様のことが言えるはずですね。

 

このような変化に対してどう対応するのか?ということは重要なテーマです。一番よくない選択となる可能性は、「何もせず現行踏襲」であるでしょう。変化は常に起き、それ自体を止めることはできません。産業の構造が変化したとき自社がその変化に対応できなければ滅びが待っているでしょう。

3Dプリンターに関して考えて見ると

  1. 自社も3Dプリンターを活用する
  2. 3Dプリンターが不得意とする領域で勝負する
  3. 3Dプリンターの適用範囲外の領域に自社のターゲットを絞り対応する

など様々な可能性が考えられるでしょう。

1.であれば、自社のこれまでの設計のノウハウなどの強化に特化し、3Dプリンターの使いこなしができるかもしれません。2であれば、3Dプリンターの限界を超える品質を実現でき、自社の生存領域を確保できるでしょう。3は完全に3Dプリンターとの棲み分けを図る考え方になるでしょう。

真っ向勝負するのではなく、競争ではない共存を図る方策が必要ですね。

そのために、「自社の強みや特徴」が何なのかという基本に立ち返る必要が出てきます。

 

3Dプリンターを例にしましたが、例えば飲食店でも同様です。店の近くに別の飲食店が開店した時にどうするのか。最終的には戦うよりも共存する方が自社にとってのメリットにもつながるのではないでしょうか。そう考えていくと様々な可能性が出てくるはずです。

 

  • 環境の変化を認識できていますか?
  • その変化が自社にとって逆境となるポイントはなんですか?
  • 逆境を避ける、あるいは乗り越える自社の強みや新たな取り組みはなんですか?
  • 変化した環境に適用できる自社の強みはなんですか?

 

この答えは、100社100様で様々な可能性があるでしょう。

大小含め変化は常に起きています。その中で自社の強みや特徴を打ち出し磨いていくことが生き残りには重要です。同じベクトルで競争するのも時として選択肢に上がるかもしれませんが、柔軟な対応をできれば進めたいものですね。

 

中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・経営戦略策定のページ中小企業・零細企業・個人事業の経営者様の経営相談・無料経営診断のお申込みフォーム遠方の中小企業の経営課題もWEBのビデオ通話を活用して相談承ります経営戦略策定と実行をまずは自社でやってみたい経営者様には、無料の小冊子を進呈いたします自社の現状を確認したい経営者様はまずは経営の自己診断をしてみましょう CONSULTING OFFICE 3S お電話でのお問い合わせ